IT 編 ー 定期調査/2020年版

2020/8/31

 

 

  • パソコン・スマホ・タブレット端末の利用が進んでおり、パソコン端末はは「Windows」が41%、スマホ端末は「Android」が34%である。
  • 検索サービスは「Yahoo!Japan」を48%が利用している。
  • SNSの利用率について「LINE」の利用率は37%である。
  • キャッシュレス決済の利用率は約8割である。

 


デバイス別利用率

現段階でのデバイス「利用率」は、PC 77%、スマホ64%、ガラケー24%、タブレット端末22%、携帯用ラジオ20%となっており、「これから使おうと思っている/購入予定である(利用意欲)」では、スマホ10%、タブレット端末8%、スマートウォッチ6%で、全てにおいて、女性よりも男性の方が「利用率」と「利用意欲」が高い傾向にある。

 

IT_デバイス別利用率

 

IT_デバイス別利用意向

 


よく使用するIT機器・機能・サービス

よく使用する機器・機能・サービスは「PC」74%・「Eメール」52%・「Yahoo!JAPAN」48%である。※

パソコンはMac(2%)ではなくWindows(41%)、スマホはiPhone(17%)よりAndroid(34%)、検索サービスはGoogle(30%)よりYahoo!JAPAN(48%)、SNSはFacebook(13%)・Twitter(10%)ではなく、LINE(37%)である。

IT機器・機能・サービスの使用は全体的に男性の使用率が顕著に高いが、「LINE」の使用率は女性が高く「instagram」「iPhone」においてもわずかながら高い傾向が見られる。

 

IT_よく使用するIT機器・機能・サービス

 


インターネット通販

インターネット通販の利用経験は約80%で「月に1回程度利用する」(21%)、「月に複数回利用している」人は27%である。

 

IT_インターネット通販の利用率と利用頻度

 


インターネット通販での購入品

ネット通販での購入アイテムは「食料品」49%、「家電」38%、「衣料品」37%、「趣味のもの」29%、「書籍」28%となっている。

 

IT_インターネット通販の購入品

 

男性は「趣味のもの」39%が、女性は「美容・コスメ」36%と各々高いことが顕著である。

 

IT_インターネット通販の購入品_男女別

 


 調査概要

  • 調査方法 : インターネットリサーチ
  • 調査地域 : 全国
  • 調査期間 : 2020年3月10日~3月17日
  • 調査対象 : 55歳以上の男女 ※居宅介護を受けている方・施設介護を受けている方については介護者による代理回答
  • サンプル数 : 1,532サンプル
男女比_都市区分

都市部:東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府、非都市部:その他都道府県

シニアマーケティングの豊富な実績事例から、トータルコーディネートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください
マーケット最前線
データ集
メディア集
ビジネスマッチング
注目ビジネス
シニアの定義
連載コラム
編集室から
シニアライフ総研について
ニュース
お問い合わせ

Copyright©Roots of communication Co.,Ltd. All rights reserved.