【シニアの概況】高齢者の孤独死 2017年5月

高齢単身者の4割以上が孤立死(孤独死)を身近な問題と感じる。

孤立死(孤独死)を身近な問題だと感じる(「とても感じる」と「まあ感じる」の合計)人の割合は、60歳以上の高齢者全体では2割に満たないが、単身世帯では4割を超えています。

 

孤独死を身近な問題と感じるものの割合

出典:内閣府「高齢者の健康に関する意識調査」(平成24年) ※対象は、全国60歳以上の男女 ※本調査における「孤独死」の定義は「誰にも看取られることなく亡くなったあとに発見される死」

 


孤立死と考えられる事例が多数発生

死因不明の急性死や事故で亡くなった人の検案、解剖を行っている東京都監察医務院が公表しているデータによると、東京23区内における一人暮らしで65歳以上の人の自宅での死亡者数は、2014年に2,891人となっています。

 

東京23区内で自宅で死亡した65歳以上ひとり暮らしの者

出典:東京都福祉保健局東京都監察医務院「東京都23区内における一人暮らしの者の死亡者数の推移」 ※2014年は速報値

 

また、独立行政法人都市再生機構が運営管理する賃貸住宅約75万戸において、単身の居住者で死亡から相当期間経過後(1週間を超えて)に発見された件数(自殺や他殺などを除く)は、2014年度に186件、65歳以上に限ると140件となっています。

 

単身居住者で死亡から相当期間経過後に発見された件数

出典:平成28年版高齢者社会白書

 

記事作成:2017年5月

 

 


 
シニアマーケットに関するリサーチ等のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

1470027360

 

 

シニアマーケティングの豊富な実績事例から、トータルコーディネートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください
マーケット最前線
データ集
メディア集
ビジネスマッチング
注目ビジネス
シニアの定義
連載コラム
編集室から
シニアライフ総研について
ニュース
お問い合わせ

Copyright©Roots of communication Co.,Ltd. All rights reserved.