【シニアの概況】地域での付き合いの程度/頼りたい人(看護や世話) 2017年4月

人との交流が少なく、頼れる人がいないのは男性のほうが多い。

現在住んでいる地域での付き合いの程度について、60歳以上の高齢者をみると『付き合っている』(「よく付き合っている」と「ある程度付き合っている」の計)とする人は、女性80.7%に対して男性73.8%となっています。

 

地域での付き合いの程度

出典:内閣府「高齢者の日常生活に関する意識」(平成27年)(注)対象者は60歳以上の男女

頼りたい人(看護や世話)

出典:内閣府「一人暮らし高齢者の意識に関する調査」(平成26年度)(注)対象は65歳以上の一人暮らしの男女

 

 

65歳以上の一人暮らし高齢者が、病気などの時に看護や世話を頼みたいと考える相手は、子供がいる人は男女ともそれぞれ「子」が男性41.0%と女性58.2%と最も多くなっています。子供がいない女性は「兄弟姉妹・親戚」(35.4%)が最も多く、次いで「当てはまる人はいない」(21.5%)となっています。一方、子供がいない男性は「当てはまる人はいない」(35.0%)が最も多く、次いで「そのことで頼りたいと思わない」(22.6%)となっており、「当てはまる人はいない」と「頼りたいと思わない」を合計すると半数を超えます。

 

記事作成:2017年4月

 

 


 
シニアマーケットに関するリサーチ等のご相談も承っております。お気軽にお問合せください。

1470027360

 

 

シニアマーケティングの豊富な実績事例から、トータルコーディネートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください
マーケット最前線
データ集
メディア集
ビジネスマッチング
注目ビジネス
シニアの定義
連載コラム
編集室から
シニアライフ総研について
ニュース
お問い合わせ

Copyright©Roots of communication Co.,Ltd. All rights reserved.