シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

【2022年最新/10~50代の男女1000名に聞く!】性別・世代別に「肌悩み」「目元悩み」をランキング発表 ~ 《顔の老化》「老け見えの印象を決定づける最も重要な部分」、全世代一致で“ほうれい線”

2022/8/3

《美容皮膚科医が解説》「マスク荒れ」や「男性美容」、目元悩みの「クマ(青クマ・赤クマ・茶クマ・黒クマ)」や、老け見えの原因「ほうれい線」について

コロナ禍におけるリモート会議などのオンライン普及により、 モニター画面に映し出された自分の顔と向き合う機会が増えたことで、 オンライン映え(自分の顔写り)を気にする方や、 長く続くマスク生活による肌荒れ(マスク荒れ)など、 年齢や性別を問わずお顔の肌悩みを抱える方が増加しています。
また、 近年では【男性の美容市場】が成長を続け、 メンズコスメやメンズメイク、 男性脱毛、 メンズネイルなど、 一部の美容感度が高い男性のみにとどまらず、 一般男性の間でもメンズ美容へのニーズの高まりが伺えます。

そのような中で、 「自分自身の肌や目元」に対し、 実際に皆さんはどのような悩みを抱いている のでしょうか。

そこで 『東京イセアクリニック』 (医療法人社団心紲会/東京都新宿区 院長・吉種克之)では、 2022年7月11日から7月12日の2日間、 15歳~59歳の男女1,000名を対象に【性別・世代別「肌悩み」に関する調査】(インターネット調査)を実施 。

このたび 、 【性別・世代別に「肌悩み」「目元悩み」をランキング発表】形式 でまとめました。 (●女性/世代別:肌悩みトップ5 ●男性/世代別:肌悩みトップ5 ●女性/世代別:目元悩みトップ5 ●男性/世代別:目元悩みトップ5、 など)

その他調査結果では、 男女ともに9割が「肌悩みがある」 と回答。 実際に、 どのような 「肌悩み」 を抱えているかの問いでは、 トップ回答に 女性の6割が「毛穴(62.3%)」、 男性の半数以上が「ニキビ(51.6%)」 と回答。

「目元の悩み」 に関しては、 男女ともに「クマ」がトップ回答 に。

同じ年齢なのに他人の顔で老いを感じる特徴 「老け見えの印象を決定づける最も重要な部分」 には 、 男女・全世代一致でトップ回答は「ほうれい線」 であることが判明。

昨今話題の 「メンズメイク」 に関しては、 男女ともに9割が「肯定的」と回答 しました(女性:93.8%・男性:89.2%)。  

なお、 本リリース後半では「マスク荒れ」や「男性美容」、 目元悩みトップの「クマ」、 老け見えの原因である「ほうれい線」に関し、 当院・美容皮膚科診療部長の大山希里子医師が、 解説いたします。

10~50代の男女1,000名に聞く 【世代・世代別「肌悩み」調査】

※当データやコメント使用時はクレジット表記『東京イセアクリニック』を記載ください
※各種詳細は、 「添付のPDFファイル」をあわせてご確認ください

1.【顔の肌悩み】男女ともに9割が「ある」と回答(女性:95.4%・男性:89.6%)

◎女性は50代、 男性は30代が最多回答(女性50代:98.0%・男性30代:94.0%)
―――

●質問/あなたは、 顔の肌悩みがありますか?(単一回答)

ある  女性 95.4%(10代 95.0%、 20代 96.0%、 30代 92.0%、 40代 96.0%、 50代 98.0%)
    男性 89.6%(10代 87.0%、 20代 91.0%、 30代 94.0%、 40代 90.0%、 50代 86.0%)

 ない  女性  4.6%(10代  5.0%、 20代  4.0%、 30代  8.0%、 40代  4.0%、 50代  2.0%)
     男性 10.4%(10代 13.0%、 20代  9.0%、 30代  6.0%、 40代 10.0%、 50代 14.0%)

2.【肌悩みトップ】女性の6割が「毛穴(62.3%)」、 男性の5割が「ニキビ(51.6%)」と回答

◎全世代において女性より男性の方が「ニキビ」「ニキビ跡」に悩みを持つ割合が高いことが判明
◎とくに10代男性の9割(90.8%)が「ニキビ」に悩んでいる結果に
◎男女ともに世代が上がるにつれ「たるみ」「シミ」「シワ」が上位にランクイン

―――

●質問/どのような、 顔の肌悩みがありますか?(単一回答)
※質問1で「ある」と回答した方のみ回答

毛穴
女性 62.3%(10代 80.0%、 20代 68.8%、 30代 70.7%、 40代 52.1%、 50代 40.8%)                
男性 39.1%(10代 55.2%、 20代 46.2%、 30代 30.9%、 40代 44.4%、 50代 18.6%)

シミ         
女性 43.4%(10代 11.6%、 20代 25.0%、 30代 47.8%、 40代 63.5%、 50代 68.4%)                
男性 25.2%(10代  3.5%、 20代 13.2%、 30代 22.3%、 40代 38.9%、 50代 48.8%)

 ニキビ     
女性 41.3%(10代 84.2%、 20代 54.2%、 30代 43.5%、 40代 17.7%、 50代  8.2%)                
男性 51.6%(10代 90.8%、 20代 64.8%、 30代 46.8%、 40代 32.2%、 50代 23.3%)

シワ         
女性 40.5%(10代  6.3%、 20代 19.8%、 30代 50.0%、 40代 55.2%、 50代 70.4%)
男性 27.2%(10代  5.8%、 20代 17.6%、 30代 26.6%、 40代 47.8%、 50代 38.4%)

くすみ     
女性 36.7%(10代 22.1%、 20代 28.1%、 30代 35.9%、 40代 45.8%、 50代 51.0%)                
男性 11.8%(10代  2.3%、 20代 13.2%、 30代 11.7%、 40代 16.7%、 50代 15.1%)

たるみ     
女性 35.6%(10代  3.2%、 20代 9.4%、 30代 41.3%、 40代 50.0%、 50代 73.5%)                
男性 21.0%(10代  3.5%、 20代 13.2%、 30代 21.3%、 40代 33.3%、 50代 33.7%)

乾燥肌     
女性 23.5%(10代 27.4%、 20代 20.8%、 30代 26.1%、 40代 27.1%、 50代 16.3%)                
男性 17.4%(10代 12.6%、 20代 15.4%、 30代 18.1%、 40代 25.6%、 50代 15.1%)

ニキビ跡 
女性 22.6%(10代 37.9%、 20代 31.3%、 30代 20.7%、 40代 17.7%、 50代  6.1%)                
男性 31.9%(10代 46.0%、 20代 40.7%、 30代 36.2%、 40代 20.0%、 50代 16.3%)

赤み         
女性 18.2%(10代 29.5%、 20代 25.0%、 30代 12.0%、 40代 15.6%、 50代  9.2%)                
男性  8.0%(10代  5.8%、 20代 11.0%、 30代 11.7%、 40代  5.6%、 50代  5.8%)

オイリー肌               
女性 17.8%(10代 28.4%、 20代 15.6%、 30代 21.7%、 40代 19.8%、 50代  4.1%)                
男性 21.9%(10代 16.1%、 20代 18.7%、 30代 21.3%、 40代 35.6%、 50代 17.4%)

 敏感肌     
女性 14.7%(10代 25.3%、 20代  8.3%、 30代 12.0%、 40代 18.8%、 50代  9.2%)                
男性  8.7%(10代  5.8%、 20代 13.2%、 30代  9.6%、 40代 12.2%、 50代  2.3%)

そばかす 
女性 10.3%(10代 15.8%、 20代  9.4%、 30代  9.8%、 40代  8.3%、 50代  8.2%)                
男性  3.6%(10代  3.5%、 20代  6.6%、 30代   5.3%、 40代  2.2%、 50代  0.0%)

肝斑         
女性  9.6%(10代  1.1%、 20代  3.1%、 30代  9.8%、 30代 13.5%、 50代 20.4%)  
男性  4.0%(10代  1.2%、 20代  6.6%、 30代  5.3%、 30代   3.3%、 50代  3.5%)

カミソリ負け           
女性  6.5%(10代 14.7%、 20代  4.2%、 30代  6.5%、 40代  5.2%、 50代  2.0%)                
男性 29.7%(10代 21.8%、 20代 35.2%、 30代 39.4%、 40代 26.7%、 50代 24.4%)

その他
日焼け(男性:50代)
色むら(女性:10代)

【女性/世代別:肌悩みトップ5】 / 【男性/世代別:肌悩みトップ5】

3.【目元の悩み】男女ともに「クマ」がトップ回答に(女性:48.8%・男性:37.8%)

◎男性は全世代共通で「クマ」の悩みがトップ回答
◎10代女性の半数以上(56.0%)が「クマ」の悩みを抱えていることが判明
◎10代・20代男性の目元の悩み「クマ」に次いで「涙袋がない」に

―――
 ●質問/どのような、 目元の悩みがありますか?(複数回答)

【トップ5】

 
1.クマ         
女性 48.8%(10代 56.0%、 20代 44.0%、 30代 50.0%、 40代 44.0%、 50代 50.0%)
男性 37.8%(10代 29.0%、 20代 38.0%、 30代 42.0%、 40代 43.0%、 50代 37.0%)

2.シワ         
女性 28.2%(10代   5.0%、 20代  9.0%、 30代 30.0%、 40代 46.0%、 50代 51.0%)
男性 19.0%(10代   4.0%、 20代 13.0%、 30代 17.0%、 40代 32.0%、 50代 29.0%)

3.シミ         
女性 28.2%(10代   5.0%、 20代 11.0%、 30代     32.0%、 40代 42.0%、 50代 51.0%)  
男性 14.6%(10代   3.0%、 20代 10.0%、 30代 13.0%、 40代 21.0%、 50代 26.0%)

4.まつ毛     
女性 24.8%(10代 31.0%、 20代 27.0%、 30代 19.0%、 40代 26.0%、 50代 21.0%)
男性  4.8%(10代   4.0%、 20代   9.0%、 30代   6.0%、 40代   4.0%、 50代   1.0%)

5.たるみ     
女性 24.0%(10代   2.0%、 20代  8.0%、 30代 20.0%、 40代 36.0%、 50代  54.0%)
男性 15.4%(10代   2.0%、 20代 14.0%、 30代 14.0%、 40代 25.0%、 50代  22.0%)

6.くすみ
7.乾燥
8.涙袋がない
9.まゆ毛
10.目の下のふくらみ
11.二重幅が狭い
12.二重幅が広い  …と続く

★その他
一重(男性:10代)(男性:30代)
眼瞼下垂(男性:30代)

【女性/世代別:肌悩みトップ5】 / 【男性/世代別:肌悩みトップ5】

4.【自宅でスキンケア】女性の9割以上(94.8%)、 男性の7割(71.6%)が「している」と回答

◎【男女世代別】「スキンケアしている」最多回答は、 女性10代(97.0%)男性は20代30代(同率78.0%)に

―――

●質問/自宅でスキンケアをしていますか?(単一回答)

 している 
女性 94.8%(10代 97.0%、 20代95.0%、 30代 93.0%、 40代 95.0%、 50代 94.0%)
男性 71.6%(10代 72.0%、 20代78.0%、 30代 78.0%、 40代 67.0%、 50代 63.0%)

 今後してみたい       
女性  2.8%(10代   3.0%、 20代  4.0%、 30代  3.0%、 40代  2.0%、 50代  2.0%)
男性 12.6%(10代   15.0%、 20代 10.0%、 30代 14.0%、 40代 11.0%、 50代 13.0%)

 興味がない               
女性  2.4%(10代   0.0%、 20代 1.0%、 30代  4.0%、 40代  3.0%、 50代  4.0%)                
男性 15.8%(10代   13.0%、 20代 12.0%、 30代  8.0%、 40代22.0%、 50代 24.0%)

5.【メンズメイク】男女ともに9割が「肯定的」と回答(女性:93.8%・男性:89.2%)

◎男女ともに20代が最も「肯定的」の割合が高い傾向に(20代/女性:98.0%・男性:93.0%)
―――

●質問/男性メイク(メンズメイク)を、 どのように感じますか?(単一回答)

肯定的     
女性 93.8%(10代97.0%、 20代98.0%、 30代 96.0%、 40代 93.0%、 50代 85.0%)
男性 89.2%(10代   88.0%、 20代93.0%、 30代 92.0%、 40代 88.0%、 50代 85.0%)

否定的     
女性  6.2%(10代   3.0%、 20代  2.0%、 30代  4.0%、 40代  7.0%、 50代 15.0%)
男性 10.8%(10代   12.0%、 20代  7.0%、 30代  8.0%、 40代 12.0%、 50代 15.0%)

6.【老いを感じる特徴】男女・全世代一致でトップは「ほうれい線」(女性:69.6%・男性:55.6%)

◎次いで、 「シミ」「目周りのシワ」と回答が続く
―――

●質問/同じ年齢なのに、 他人の顔で老いを感じる特徴は何だと思いますか?(複数回答)

【トップ5】

1.ほうれい線               
女性 69.6%(10代   67.0%、 20代 57.0%、 30代74.0%、 40代 72.0%、 50代 78.0%)
男性 55.6%(10代   58.0%、 20代 50.0%、 30代49.0%、 40代 62.0%、 50代 59.0%)

2.シミ         
女性 56.0%(10代   51.0%、 20代 55.0%、 30代51.0%、 40代 64.0%、 50代 59.0%)
男性 46.2%(10代   36.0%、 20代 47.0%、 30代47.0%、 40代 56.0%、 50代 45.0%)

3.目周りのシワ           
女性 40.0%(10代   38.0%、 20代 34.0%、 30代42.0%、 40代 43.0%、 50代 43.0%)
男性 34.0%(10代   22.0%、 20代 35.0%、 30代39.0%、 40代 41.0%、 50代 33.0%)

4.おでこ周辺のシワ    
女性 36.0%(10代   34.0%、 20代 22.0%、 30代31.0%、 40代 48.0%、 50代 45.0%)
男性 24.8%(10代   22.0%、 20代 20.0%、 30代27.0%、 40代 33.0%、 50代 22.0%)

5.目の下のふくらみ    
女性 34.8%(10代   23.0%、 20代 27.0%、 30代37.0%、 40代 40.0%、 50代 47.0%)
男性 26.8%(10代   16.0%、 20代 23.0%、 30代30.0%、 40代 28.0%、 50代 37.0%)

6.まぶたのたるみ  
7.輪郭のたるみ
8.目のくぼみ
9.頬がこける
10.毛穴の開き   …が続く

7.【美容皮膚科でのスキンケア治療】男女ともに8割以上が「興味あり」と回答(女性:87.2%・男性:83.4%)

◎女性は10代、 男性は30代の9割が「興味あり」と最も興味を示す結果に(女性10代:91.0%・男性30代:89.0%)

―――

 ●質問/美容皮膚科でのスキンケア治療に興味がありますか?(単一回答)

興味あり 
女性 87.2%(10代 91.0%、 20代 88.0%、 30代 85.0%、 40代 90.0%、 50代 82.0%)                
男性 83.4%(10代 85.0%、 20代 87.0%、 30代 89.0%、 40代 81.0%、 50代 75.0%)

 興味なし 
女性 12.8%(10代  9.0%、 20代12.0%、 30代 15.0%、 40代 10.0%、 50代 18.0%)
男性 16.6%(10代 15.0%、 20代13.0%、 30代 11.0%、 40代 19.0%、 50代 25.0%)

■「東京イセアクリニック」美容皮膚科診療部長:大山希里子医師による解説

◎マスク荒れについて
マスク生活が続くなか、 マスクのせいで肌荒れ(マスク荒れ)を起こしてしまう方も多いのではないでしょうか。 マスクを着けることによって、 風邪予防やアレルギー対策はもちろん、 肌も保湿・保護されていると思いがちですが、 実際は擦れたり、 蒸れて雑菌が繁殖したりと肌には悪い環境になっています。 着脱時に擦れないように注意し、 家に帰ったら洗顔し肌を清潔に保つことが大切です。

また、 マスクを着用していても紫外線は通すので、 紫外線対策をしてしっかり行うことが大切です。

◎男性美容について
近年、 美容感度が高い男性だけにとどまらず、 清潔感や好印象を生み出したり、 未来への投資として、 日焼け止めや基礎化粧品、 ホームケア商品ほか、 コスメ関連や美容グッズを手に取る男性も増加しています。

美容クリニックにおいては、 ひと昔前は利用される方々は女性のイメージが強かったと思いますが、 近年では、 男性がスキンケア治療や脱毛などで通院されることも、 今や珍しいことではなくなりました。

「美容」は、 男性も女性も関係ありません。 「肌悩み」の原因や要因は人によって違うため、 他の人には合っている治療方法でも、 自分には合わないこともあります。 間違ったケアで悪化させてしまわないよう、 悩みがあれば美容皮膚科などの専門機関を頼ることをお薦めします。

◎目元悩みトップ回答の「クマ」について
目元の悩みで多くの方が「クマ」と回答しましたが、 クマには4つのタイプがあり、 それぞれ原因が異なります。

【青クマ】【赤クマ】・・・眼輪筋の色味や血液の色味が透ける、 毛細血管のうっ滞などが原因
【茶クマ】・・・色素沈着や角質肥厚などが原因
【黒クマ】・・・眼窩脂肪が前に突出・皮膚がたるむことが原因

 しかし、 ほとんどの方が混在のクマになります。 クマの治療は、 外科的に脂肪をとる治療やレーザー治療ほかがあり、 原因が違うと治療方法も異なってきます。 原因に応じた対処法でないと効果がないどころか、 逆効果となることもありますので、
自分に合った治療を見極めてくれる、 不必要な治療をすすめてこないクリニックを選ぶことをお薦めします。

◎老け見えの原因である「ほうれい線」治療法3選

「ほうれい線」は、 鼻横から口に向かって出る線で「たるみ」が原因で起こります。 ほうれい線や目の下のたるみ、 ゴルゴラインなどの「たるみ治療」は、 たるんでしまう前に、 定期的に治療をして「予防していくこと」が大切です。 主な治療法として、 下記3選をご提案します。

1.ハイフ:たるみの原因である表情筋を覆っている膜(SMAS層)に超音波の熱エネルギーを利用して治療する
2.糸リフト:医療用の溶ける糸を使う施術。 糸についている棘を利用して引き上げを行ったり、 真皮のハリ感を出していく治療
3.ヒアルロン酸注入:ほうれい線の鼻唇溝という溝の部分にヒアルロン酸を注入してボリュームを補充していく

■美容皮膚科診療部長:大山希里子医師 プロフィール  (※大山医師へのインタビュー取材も承っております)
日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本抗加齢医学会 会員

皮膚外科医・美容皮膚科医として、 知識のグレードアップを怠らず日々の診療に携わっている。
ニキビを始めとした多くの肌悩みに対し、 深い知識を持つ一方で、 ヒアルロン酸やボトックスを中心とした注入治療も得意とし、 顔全体のバランスを熟知した、 そのデザイン力は多くの患者さまから支持されている。

・Instagram  https://www.instagram.com/chika_isea/
・YouTube  https://www.youtube.com/channel/UCGmTmTngy4FC3tlc2RT6RCg

■東京イセアクリニック

◎予約専門無料ダイヤル :0120-963-866
◎診療時間 :11:00~20:00(不定休、 予約制)
◎所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル5階

・公式Instagram: https://www.instagram.com/iseaclinic/
・公式Twitter: https://twitter.com/iseaclinic

アンケートリリースに関するお問合せやご取材は、 下記までご連絡ください。

【東京イセアクリニック/医療法人社団心紲会】
〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル8階
Tel. 03-5291-5270
http://www.tokyoisea.com
広報部:伊藤 有堀 下谷    pr@junikai.or.jp