シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

実例紹介】花王「消臭ストロング」×カイゴメディア「ケアきょう」が初のコラボ。介護現場でのニオイの悩みを徹底的に深掘り、介護現場のニオイについて考えるプロジェクトをスタート

2022/6/22

~介護に特化した動画・SNSメディアのカイゴメディアだからこそ、現場ニーズを徹底的に深掘り~

介護領域に特化した動画・SNSメディアを運営する株式会社カイゴメディア(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:向笠 元、 以下カイゴメディア)ではこの度、 花王「消臭ストロング」と介護現場でのニオイの悩みを徹底的に深掘り、 介護現場のニオイについて考えるプロジェクトをスタートしました。

数多くのお客様から支持されている花王「消臭ストロング」と、 介護領域に特化した動画・SNSメディアを展開し、 多くの介護職の方から支持をされているカイゴメディアだからこそ、 介護現場のニオイを徹底的に深掘るプロジェクト・情報配信が実現いたしました。

第一弾の情報発信は「介護職によるニオイの悩みに関する座談会」
 第一弾のコラボレーションは、 「介護職によるニオイの悩みに関する座談会」を行いました。 現場でご活躍・豊富なご経験のある介護職の方々にご参加頂き、 「ニオイに関する悩み」「介護職のニオイ対策グッズ」について、 花王のご担当者と様々な意見交換を行いました。

座談会は非常に盛り上がり、 2時間ほど行い、 介護現場における課題意識・ニーズの強さを改めて感じる結果となりました。

第二弾のコラボレーションも予定しており、 今後は実際に介護現場に向かって撮影をおこなっていきます。 実際のリアルな声と消臭ストロングの魅力について発信をしていきます。
座談会動画はこちらから↓

介護職のニオイの悩み
 座談会に先立ち、 介護現場におけるニオイの悩みについて、 カイゴメディアが運営する介護職メディア・コミュニティ「ケアきょう」を通じ、 アンケート調査を行いました。
(※ケアきょうのSNS登録者で介護の仕事をしていると回答した方を対象にケアきょう編集部でアンケートを実施。 期間:3/22-3/28/143名の介護職の方が回答)

介護現場でニオイが気になるタイミング

第1位:排泄介助解除
第2位:特定の方の介助
第3位:入浴介助

という結果になりました。

介護現場で導入しているニオイ対策グッズ

第1位:消臭スプレー
第2位:置型消臭剤
第3位:空気清浄機

という結果になりました。

事前のアンケートでもニオイに関する課題を感じる声は多く、

「個室で排便があった時、 リビングまでニオイがいってしまって困った。 部屋で換気をすると尚更リビングにニオイがいってしまった。 」
「居室に汚物入れがあり、 午前午後1回ずつ回収をしていたがニオイがついてしまっていた」
「移乗介助などの対応をすると自分にもニオイが付いてしまって、 家に帰って家族から臭いと言われる」
とのお声が寄せられました。

花王株式会社 ご担当者様のコメント
介護現場のニオイ悩みについてはさまざまなご意見をいただき、 2014年に消臭ストロングシリーズを発売いたしました。 今回はケアきょう様とのお取り組みを通して、 介護に携わるみなさまのニオイ悩みを少しでも軽減できる手伝いができればと考えております。

 カイゴメディアでは引き続き、 介護職従事者の皆さまにとって役立つ情報発信をさせて頂くとともに、 介護の現場で必要とされる商品やサービス開発に臨む企業様への協力・支援を通して、 高齢化社会の課題解決に貢献してまいります。

[国内最大級介護職向け動画メディア・ケアきょうについて]
介護職向けSNS動画メディアとして国内最大級のフォロワーを有している。
2022年時点でケアきょうをフォローしている介護職はおよそ15万人と全国の介護職のおよそ1割をカバー。 YouTubeやTwitterなどで介護に関する情報を配信している。
https://www.youtube.com/channel/UCNkibDFHKRpY3KNm-jTTIsQ/
https://twitter.com/CareKyo
https://www.instagram.com/carekyo/
https://carekyo.com/

[企業情報]
商号   :株式会社カイゴメディア
代表取締役:向笠 元
設立   :2018年7月
所在地  :東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27ー5 リンクスクエア新宿15階
事業内容 :動画配信・SNSメディア運営事業
介護事業法人向けマーケティング支援事業
ホームページ: https://kaigomedia.co.jp/
メールアドレス:info@kaigomedia.co.jp


※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。