シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

チカク、世田谷区内でオンライン訪問介護の実証実験を開始

2022/6/9

チカクのエイジテックを活用したテレビ電話の実証実験で、訪問介護では全国初となる取組み

株式会社チカク(以下「チカク」)は、 訪問介護事業者のあんくる株式会社(東京都世田谷区、 代表取締役:磯崎寿之、 以下「あんくる」)の協力のもと、 チカクのテレビ電話を活用したオンライン訪問介護の実証実験を5月23日より開始いたしました。
チカクのテレビ電話を訪問介護の現場で活用した実証実験は全国初となります。

介護業界においては、 マンパワー不足が深刻な課題となっていますが、 中でも、 訪問介護事業者は、 地域の小規模な事業者が多く、 マンパワー不足のために高齢者から突発的な訪問依頼があった場合でも、 対応できないケースもあるのが実情です。また、 スマートフォンやタブレットを利用していない高齢者の場合、 介護事業者はそうした高齢者との日常的なコミュニケーションにおいて、 顔色や表情を視認できる手段がありません。
そのため、 いかにして訪問回数を必要最低限に抑えつつ、 高齢者の安全を確認・担保できるかが大きな課題となっていました。チカクのテレビ電話は、 ネット環境の設定等が一切不要で、 ITが苦手な高齢者でも自宅のテレビで簡単にテレビ電話ができるサービスです。

今回の実証実験では、 高齢者向けテクノロジー(エイジテック※)を活用することで、 訪問介護サービス利用者である高齢者とその家族、 介護事業者、 ケアマネージャーをつなぎ、 介護事業者の負担軽減を図り、 さらには高齢者のQOLと満足度を高められるかを検証していきます。
※加齢に伴う高齢者特有の課題を解決することに最適化したテクノロジーのこと。

本実証実験開始にあたり、  あんくる株式会社 代表取締役・磯崎寿之氏(介護福祉士)は次のようにコメントしています。
「訪問介護事業者は高齢者宅を訪問中に、 別の高齢者から急に『不安だから来て欲しい』という連絡をいただくことも多く、 ITが苦手な高齢者でもテレビ電話が使えるようになると、 顔色や表情を確認したうえで、 本当に行く必要があるかどうかを判断できるようになります。 また、 家族とのオンライン面会の機会が増えることで、 利用者が精神的に安定し、 突発的な対応も減少することで、 事業者の安定的サービス提供につながると考えており、 エイジテックを活用したテレビ電話に大きな期待を寄せています」

株式会社チカク 代表取締役・梶原健司は次のようにコメントしています。
「現在、 国では在宅医療及び在宅介護を推し進めていますが、 そうした中で、 ITが苦手な独居高齢者の方でも、 自宅にいながら、 家族や介護事業者と簡単につながり、 精神的に安定していけば、 高齢者のQOLの向上に寄与できるのではないかと考えています。 今回の取組みを通じて、 在宅介護の新しいカタチを模索できればと思います」

今後もチカクはエイジテック企業として、 超高齢化社会の課題解決に貢献してまいります。

  •  実証実験概要

【実証期間】
2022年5月23日~7月30日(2ヶ月程度を予定)

【実証場所】
東京都世田谷区内

【対象者】
84歳・女性(要介護1)

 【主な検証内容】
・実証実験参加者(利用者)のQOL及び満足度の向上
・職員の負担軽減

  •  あんくる株式会社

あんくるは「地域を支え、 仲間と楽しく」をモットーに、 世田谷区を中心に訪問介護サービス、 移動支援などのほかに、 介護を主体とした講演・講習・出版事業、 地域交流スペース兼カフェの運営を展開しています。
https://unclecare.co.jp/

  •  株式会社チカク

チカクは“シニア・ファースト”を掲げるエイジテック企業です。 スマートフォンアプリで撮影した動画や写真を実家のテレビに直接送信し、 インターネット環境やスマートフォンがないシニア世代でも視聴できる「まごチャンネル」を開発・販売しています。 自治体や介護施設などと高齢者の孤独解消に向けた取組みも実施しています。

<提供サービス>
・まごチャンネル: https://www.mago-ch.com/

<会社概要>
・会社名:株式会社チカク
・代表者:代表取締役 梶原健司
・所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東2-14-7
・設立 :2014年3月
・URL : https://www.chikaku.co.jp/


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社チカク 広報担当 石井
TEL:03-6712-6886(会社代表)
E-mail:press@chikaku.co.jp