株式会社ジェイティービー/シニアの旅行に関する調査結果

 シニアの旅行に関する調査結果発表のお知らせ
~一緒に行きたい旅行先ランキングも発表!~
シニア世代は自分の「子ども」よりも「孫」と一緒に旅行に行きたい!

 

 JTBグループで旅の通信販売商品「JTB旅物語」を企画・実施・販売する株式会社JTBメディアリテーリング(本社:東京都文京区、代表取締役社長:大谷美文)は、夏旅商品「夏物語2017」において「まご旅行(※)」を応援するため、50歳~79歳までの孫がいる男女500人を対象に「シニアの旅行に関する調査」をおこない、調査結果をまとめました。
※まご旅行とは、祖父母と孫だけで行う旅行のこと。旅行に関心が高く行動的な団塊の世代を中心に広がりを見せている。

 

調査では「シニア世代は自分の『子ども』よりも『孫』と旅行に行きたいと思っている」といったシニア世代の本音や、「孫と旅行に行った人のほぼ全員(95.4%)が『また孫と旅行に行きたい』と回答している」といった結果が明らかになった他、孫と一緒に行きたい国内旅行先ランキングなども明らかになりました。千葉県が3位にランクインするなど、お孫さんと行くことにより、旅の目的がどのように変化するのかが分かる、興味深い結果となりました。


【シニアの旅行に関する調査結果概要】

  • シニア世代は「子ども」(12.4%)よりも「孫」(14.2%)と旅行に行きたいと思っている。
  • 孫と旅行に行ったことのある人は、半分以下(43.8%)
  • 孫と旅行に行った人のほぼ全員(95.4%)が「また孫と旅行に行きたい」と回答
    (しかし、孫を旅行に誘ったことのある人は4割未満(34.2%))
  • 孫と一緒に行きたい都道府県ランキング1位:沖縄県 2位:北海道 3位:千葉県
    「孫と旅行に行ったときのエピソード」も発表!

 

【シニアの旅行に関する調査結果詳細】

◆シニア世代は「子ども」(12.4%)よりも「孫」(14.2%)と旅行に行きたいと思っている

main

 

夏に旅行に行くとしたら、誰と旅行に行きたいと思うか、聞いてみました。圧倒的に多かったのは、パートナー(55.2%)でしたが、実の息子・娘(12.4%)をおさえて、孫と旅行に行きたい人が14.2%で2位という結果になりました。理由を聞いてみると、「伸び盛りで良い経験をさせたい」(神奈川県・71歳・男性)「1分でも長く一緒にいたいから」(東京都・59歳・男性)「孫と楽しい時間を共有したい」(福岡県・70歳・男性)など、みなさんお孫さんが可愛くて仕方がないようです。中には、「孫と旅行できる期間はそんなに長くないから」(愛知県・75歳・男性)「大学生になると色々予定があり一緒に行けそうにないから」(神奈川県・69歳・女性)など、少し寂しさを感じさせる回答もありました。

 

◆孫と旅行に行ったことのある人は、半分以下(43.8%)

しかし、実際に孫と旅行に行ったことのある人は、そう多くはないようです。今回の調査では、「孫と旅行に行ったことのある」人は43.8%で、まだ半数にも満たないことが明らかになっています。このデータをさらに分析した結果、以下のような事実が浮き彫りになりました。


<孫と旅行に行った人の95.4%が「また孫と旅行に行きたい」と回答>

「孫と旅行に行ったことがある」と回答した方に、「もう一度お孫さんと旅行に行きたいと思いますか?」と質問をした結果、「行きたいと思う」と回答した方は95.4%。経験された方は、お孫さんとの旅行に非常に満足していることが伺えます。

 

<孫と旅行に行ったことのない人も7割以上が「孫と旅行に行きたい」と回答>

お孫さんと旅行に行ったことがない人はどうなのでしょうか。「孫と旅行に行ったことがない」と回答した方に「お孫さんと旅行に行きたいと思いますか?」と質問したところ、73.3%もの人が「孫と旅行に行きたいと思う」と回答しました。やはり、お孫さんと何か思い出を作りたいと思う方は、少なくないようです。

<孫を旅行に誘ったことのある人は4割未満(34.2%)>

では、実際に、お孫さんを旅行に誘えている人はどれほどいるのでしょうか。調査では、誘ったことがない人が65.8%もいることが明らかになりました。みなさん、「孫と旅行に行きたい」と考えていても、実際には誘えてもいないのが、現状のようです。意見を聞いてみると「誘っても良いが孫の喜ぶ様な観光地、施設がわからない」(埼玉県・76歳・男性)「向こうから誘ってくるのを待っている方が、強制的にならないから」(67歳・京都府・男性)と、どうやらお孫さんに気を使っているようです。


◆孫と一緒に行きたい都道府県ランキング

<孫と一緒に行きたい都道府県ランキング>

Q.お孫さんと旅行に行ってみたい都道府県はどこですか。(単一回答)
1位:沖縄県(19.4%)
2位:北海道(17.8%)
3位:千葉県(13.2%)

sub1

 

 1位の沖縄県を選んだ方の理由は「綺麗な海で遊ばせたいので」(福岡県・54歳・女性)「飛行機が大好きだし、青くすみきった綺麗な海を見せたいから」(東京都・59歳・女性)
 2位の北海道を選んだ方の理由は「のびやかに育ってほしいから」(東京都・63歳・男性)「北海道の自然を見せてやりたい」(埼玉県・73歳・男性)と、みなさん、お孫さんに大自然を見せてあげたい気持ちが強いようです。
 3位の千葉県は「ディズニーランドが好きだから」(52歳・愛知県・男性)「孫がディズニーのキャラクターが好きなので」(埼玉県・68歳・男性)と、ディズニーランドがあることが大きな理由のようです。


◆孫と旅行に行ったときのほっこりしたエピソード

シニア世代の方は、実際にお孫さんと旅行に行って、どのような体験をされているのでしょうか。今までのお孫さんとの旅行での、ほっこりしたエピソードを聞いてみました。旅行中のふとした行動はもちろん、旅行が終わり、後日しみじみとほっこりするようなものまで、まるで、その光景が目に浮かぶような、微笑ましいエピソードが多く見られました。

 

■お孫さんと旅行に行ったときの、ほっこりしたエピソードを教えてください。(自由回答)

  • 孫と京都に行ったとき、初めて舞妓さんを見て「大人になったら舞妓さんになりたい」と言われた。(神奈川県・76歳・女性)
  • 何度か一緒に旅行に行ってるうちに 一人で我が家にお泊まり出来るようになった。(千葉県・62歳・男性)
  • 70歳を超すと孫たちも成長したせいか、私の体や足元を気遣ってくれるようになった。うれしいような悲しいような・・・。(愛媛県・71歳・女性)


【調査概要】
調査期間:2017年5月9日(火)~2017年5月11日(木)
対象人数:500人
対象年齢:50歳~79歳まで・孫がいる男女
調査方法:インターネット調査


\「まご旅行」も発売中、JTB旅物語の夏休み「夏物語2017」/
JTB旅物語の主なターゲットは50~60 代のアクティブシニア層です。普段は夫婦やご友人同士で参加する方が多くみられますが、夏休み期間にはお孫さんも連れて三世代で旅行に出かける方も多くなっています。今年は「まご旅行」と題してお孫さんが楽しめるかどうか、にスポットをあてた商品を発売しました。「まご旅行」は、お孫さんが喜ぶ要素がぎゅっと詰まった商品です。



<まご旅行アンケート 特設サイトURL>
http://www.jtb.co.jp/med/feature/natsumonogatari/magoresearch

<夏物語2017 特設サイトURL>
http://www.jtb.co.jp/med/feature/natsumonogatari/mago/

 
マーケット最前線
データ集
メディア集
ビジネスマッチング
シニアの捉え方
注目ビジネス
連載コラム
おすすめ
シニアライフ総研について
ニュース
お問い合わせ

Copyright©Roots of communication Co.,Ltd. All rights reserved.