シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

葬儀サービスを自前で行うことで、安心・明瞭の低価格を実現した 「花葬」が、川崎フロンターレと共に『終活ノート(エンディングノート)』 配布を開始

2022/11/10

~川崎フロンターレへの協賛、ならびに川崎市および川崎市社会福祉協議会と協力し、10月21日(金)より市内無償配布しております~

不明瞭な葬儀費用を適正化し、葬儀サービスを自前で行うことで低価格を実現した、株式会社花葬(代表者:大屋徹朗、所在地:神奈川県川崎市、以下、「花葬」)は、2022年10月21日(金)より、オフィシャルパートナーの川崎フロンターレへの協賛、ならびに川崎市および川崎市社会福祉協議会と協力し『終活ノート(エンディングノート)』の市内無償配布を開始いたしました。

 「終活」への関心は親子共に高いものの、お互いを気遣って話が出来ていない

内閣府の調査によると、令和3年10月時点で、総人口に占める65歳以上人口の割合・高齢化率は、28.9%で、令和47年には、約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になることが予測されており、少子高齢化は今後の社会課題となっております。

これから起こりうる社会構造の変化は、経済的な不安にも繋がりやすくなり、老後の生活に対する危機感だけでなく、自分がいなくなったあとのことを考えて「死後不安」も募らせてしまいます。

しかし、NTTファイナンス株式会社の調査によると、子世代の方々の70%は親の終活に興味を持っているにもかかわらず、約20%の人しか親と終活について情報共有や話し合いが出来ていないという実態が明らかとなっております。

特に「相続」「介護」「葬儀」は、3分の2以上の人が、話も手続きも何も手を打てていない状況です。

こうした不安を少しでも解消するためには、親側の世代は、早いうちに正面から課題と向き合い、残される側のことも考慮して、しっかり考えた上で自分なりの答えを出しておくことが大切です。

地域やサッカーを通じて親子でコミュニケーションを取るきっかけに

「終活」は、ネガティブに捉えがちになる方が多い中、「川崎フロンターレ」という地域のシンボルが市民に向けて広く認知することで、ひとりでも多くの方に前向きな気持ちで取り組んでいただきたいとの思いから、「終活をサポートする」目的で配布することといたしました。

終活ノート(エンディングノート)はA4サイズで全18ページ。家系図や健康状態、趣味といったパーソナル情報から医療・介護や、死後の葬儀・埋葬の方法等についての希望などを記入する欄が設けられており、マスコットキャラクター「ふろん太」「ワルンタ」「カブレラ」があしらわれているのが特徴です。

製作は、川崎フロンターレと川崎市が実施し、花葬は日本経済リサーチ株式会社の調査で「地域貢献度」「口コミ満足度」「信頼と安心」の3冠を達成した地域密着の葬儀社として、協賛させていただいております。

終活ノート(エンディングノート)とは

自らの人生の終末期や死後に備えて、親族や関係者がさまざまな手続きや判断を行う際に、その手助けとなる情報を書き残しておくためのノートです。

人生の終末期における医療・介護や、死後の葬儀・埋葬の方法等についての希望を伝えられることに加え、預貯金や保険、借入などの資産状況なども、あらかじめノートに記しておくことで親族や関係者に伝えることができます。

ぜひ手に取っていただき、自らの人生を振り返り、終末期に関するご希望などをノートに書き込むことで、ご自身および親族等の将来に備えてください。

         ©KAWASAKI FRONTALE

◆配布場所◆

・川崎市内各区役所、市民館、図書館等

・川崎市社会福祉協議会(エポックなかはら)

・各区社会福祉協議会(福祉パル)

◆配布開始日◆
 2022年10月21日(金)

花葬は、創業当時より「地域密着の葬儀社」をコンセプトに掲げて運営して参りました。

しかし、「地域密着」を名乗ることは簡単ですが、実際に何か行動で示すことは簡単ではありません。

これらは、私たちがこれまで実際に取り組んできた社会貢献活動の一部です。

    ●福祉関連施設への車椅子寄贈

    ●公立中学へのバスケットボールの寄贈

    ●区民祭への協賛

    ●交通事故軽減標語入り看板の寄贈

    ●各施設にマスクを無料配布

私たちに出来ることはほんの小さな活動かもしれませんが、私たちはこれからも今まで以上に地域の皆様のために様々な社会貢献活動に取り組んで参ります。

【会社概要】

会社名:株式会社 花葬

代表者:大屋 徹朗

資本金:1,000万円

所在地:神奈川県川崎市中原区上小田中6-7-1

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目12-1-6F(横浜家族葬相談ルーム)

電話番号:0120-594-073 / 044-712-5949

業務内容:葬祭事業、生花販売事業、仏壇・仏具販売事業、葬祭用贈答品販売事業

対応エリア:川崎市対応地域

川崎区、幸区、中原区、宮前区、高津区、多摩区、麻生区

     横浜市対応地域

     西区、中区、保土ヶ谷区、戸塚区、泉区、神奈川区、旭区、青葉区、緑区

     都筑区、港北区、瀬谷区、栄区、金沢区、磯子区、港南区、鶴見区、南区


Webサイト:https://hanasou-sougi.co.jp/

Twitter: https://twitter.com/hanasou87