シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

敬老の日に向け、写真で振り返る人生史「TIME」をプラザクリエイトが実施

2022/9/18

~デザインプラットフォームCanvaと協業~

写真サービスの「パレットプラザ」などを展開する株式会社プラザクリエイト(本社:東京都中央区/代表取締役社長:新谷隼人)は、 CSR活動の一環として、 写真を使って高齢者の人生をひも解く人生史ブック「TIME」を企画し、 一般募集した10名の方に体験いただきました。 2022年9月、 完成した人生史ブックを参加者の元にお届けしました。

  • 開催の背景

30年以上にわたり写真事業を展開してきたプラザクリエイトでは、 今後も写真を通じて地域や社会へ貢献していきたいとの想いから、 CSR活動の一環として、 人生史ブック「TIME」を開発しました。

「TIME」の特徴は、 大きく分けて2つ。 1つ目は、 高齢者が話し手、 子どもや孫世代が聞き手となり、 家族みんなで作成することです。 「この写真のとき、 何歳だった?」「映っている人は誰?」など、 写真をフックに普段聞けないエピソードが引き出され、 たくさんの会話が生まれる設計になっています。

2つ目は、 インタビュー内容を、 孫・子ども世代がデザインプラットフォーム、 「Canva(キャンバ)」でまとめることです。 Canvaは、 デザインの経験がない人でも、 誰もが簡単に使えるデザインツールで、 直感的に本の中身を編集することが可能です。 バリューの一つに「ほかの人の力になる」を掲げるCanva社は、 プラザクリエイトの企画に賛同し、 デザインの力を貸してくれました。

▶

 開催の背景について詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000000720.html

  • 完成したブックを参加者へお届け

参加者のみなさまがつくった作品の一部を紹介します。

話し手 参加者Aさん 80代
聞き手 Aさんのお孫さん 20代

二十代の頃、 カメラ会社で働いていたというAさん。
”カメラの会社に就職して、 検査課っていうところで検品をしていたの。 おじいちゃんともそこで出会ったのよ。 会社の仲間たちとはとても仲が良くて登山に行ったり、 スポーツをしたり思い出がたくさん。 … 同僚とたった1時間のお昼休みに二人で近くのプールに泳ぎに行ったこともあったんだけど、 お昼を食べる時間がなくなってしまって、 仕事をしながら隠れて机の下で食べたよ(笑)”


会社で出会った旦那さんとの新婚旅行は、 伊豆の白浜海岸へ。
“お庭が素敵な旅館に泊まったのを覚えているよ。 二人で美味しいものを食べて、 バスで天城峠を通って帰ってきたの。 ”


夫婦そろって、 カメラの会社で働いていたところから、 カメラの部品をつくる工場を始めたAさん。 同じ頃に子どもが生まれ、 子育てに仕事にと全力投球だったそうです。
“大晦日は子どもたちを寝かせたあと、 夜の12時から大掃除をして、 元旦には伝票の整理をして…。 紅白なんか見たことなかったよ(笑)それでも若かったし、 子どもたちのためにも頑張れたよ。 ”


そして写真を撮ったあの日からたくさんの時間が流れた今。 最後のページは、 子どもや孫たちとの写真、 家族からのメッセージで彩られました。

孫や子どもがおじいちゃんおばあちゃんにインタビューして、 人生史をつくっていく本企画。 写真をフックに話すことで、 普段聞けないエピソードがたくさん出てきたようです。

参加した方々からは

  • 「写真を集めるところからコミュニケーションや会話が生まれて、 とても素敵な取り組みだと感じた」
  • 「若い時の話をしているインタビュイーはイキイキとしていた」
  • 「親の知らなかった一面を知ることができてよかった」
  • 「タイムスリップしたみたい! と母が喜んでいた」

などの声が寄せられました。

参加者のみなさまが提出されたデータは、 埼玉県にある自社工場で一冊ずつていねいに製本し、 お手元にお届けしました。

  • 担当者コメント

全国各地に拠点を持ち、 日本中の人々の思い出を丁寧に印刷してきたプラザクリエイト社。 使う人の年齢、 場所、 時間、 デザイン経験など、 あらゆる隔たりを超えて自由にデザインできるCanva。

Canva Japan, PR Manager 恵古 涼夏(えこ すずか)さん

そんな2社が、 写真やデザインを通じて「世代間のコミュニケーションを生む」仕掛けが散りばめられた、 素晴らしい企画で協業することができました。 一見ハードルが高そうな、 「子ども・孫世代がインタビューを実施し、 本の編集も行う」という設計ですが、 広報チームがCanvaでテンプレートを事前に作ることで、 初めてCanvaを使う参加者でも簡単に編集ができたと伺いました。 チームでCanvaをフル活用いただきとても嬉しく思います。
今後も参加者の皆さまが自分だけの「TIME」を見返しながら会話を楽しんでいくことを願っています!

株式会社プラザクリエイト ソウゾウ事業本部 広報室 室長 梅原萌(うめはら もえ)

これまで行ったCSRを通じて、 1枚の写真はまるでタイムマシンのように、 過去の思い出をよみがえらせてくれたり、 幸せだった気持ちを思い出させてくれる力があることを実感しました。 

そんな写真の力を最大限生かし、 家族での会話が広がることを意識してつくった本企画。 Canvaさんの協力もあり、 参加者のみなさまには素敵な自分史をつくっていただくことができました。
1枚の写真、 そこに付随するエピソードから垣間見えるそれぞれの人生に胸が熱くなりながら、 製本の準備をしました。 この本が家族の思い出を繋ぎ、 ページをめくるたびに生まれる会話が、 新たな家族の歴史となることを祈っています。

Canvaについて

2013年にオーストラリアのシドニーで創業したCanva Pty Ltdは、 「あらゆる人がデザインで輝ける社会を目指す」をミッションに、 オンラインのデザインプラットフォームを展開。 世界中にユーザー層を拡げ、 2022年5月現在で月間8500万人のアクティブユーザーを有しています。 日本では2017年よりサービス開始。 2020年5月からは日本チームを立ち上げ、 日本のユーザー向けのテンプレートやコンテンツを拡大。 日本人による細やかなローカライゼーションにより、 急速にユーザー数を増やしています。
Canvaは、 Webブラウザー上からクラウドで操作できるため、 PCおよびスマートフォンやタブレット(iOS、 Android OS)のいずれのプラットフォームでも、 シームレスにデザインを編集することができます。 作成したデザインは無料で商用利用することができ、 2021年9月現在、 1億点を超える素材や471種類と豊富な日本語フォントも揃っているため、 プロ品質のマーケティング素材やブランディング素材を誰でも簡単に作成できるのが特徴です(一部有料の機能や素材もあります)。

Canva公式リンク: https://www.canva.com/ja_jp/

  • 「みんなの広場をつくる」を掲げる、 プラザクリエイトのCSR活動

「みんなの広場をつくる」をコーポレートビジョンに掲げるプラザクリエイトでは、 今後も地域社会の幸せ拡大活動を推進してくれるパートナーとの協業の可能性を追求して参ります。 そして事業や社会貢献活動を通じ、 豊かな人と人とのつながりを増やしていきます。

会社名  : 株式会社プラザクリエイト
本社所在地: 〒104-6027東京都中央区晴海一丁目8番10号 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワー X棟 27階
代表   : 代表取締役社長 新谷 隼人
事業内容 : 写真・映像・通信に関する事業
URL   : https://www.plazacreate.co.jp/


【お問合せ】
プラザクリエイト広報
koho@plazacreate.co.jp