シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

日本初の取り組みで自治体と共同し住民の健康維持改善をめざす「ねむりの見守り」を提供開始|NTT PARAVITA株式会社

 

2022/6/1

第一弾は天理市との「天理市睡眠サポートプログラム」

ねむりのDXカンパニーNo.1をめざすNTT PARAVITA株式会社(大阪市、 代表取締役社長:中野 康司、 以下「NTT PARAVITA」)は、 睡眠に着目した地域住民の健康維持・改善、 疾病の予防をめざすサービス「ねむりの見守り」( https://nemurinomimamori.nttparavita.com )を、 2022年5月1日から提供開始しました。

  • 第一弾は「天理市睡眠サポートプログラム」*1として提供

「ねむりの見守り」のファーストユーザーは奈良県天理市。 2022年4月28日にNTT PARAVITAが天理市から睡眠センサーを活用した介護予防事業を受託し、 65歳以上の天理市在住の方を対象にした「天理市睡眠サポートプログラム」として、 ねむりの見守りを提供します。
 

  • 睡眠に着目した健康維持・改善サービス

超高齢者社会が進行する中で、 天理市を含む多くの自治体が社会保障費増大に対する問題意識、 介護予防プログラムの参加率の低さ、 行動変容の働きかけの難しさ等の問題・課題を抱えています。 「天理市睡眠サポートプログラム」は、 その解決をめざしてNTT西日本が採択された「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業補助金 地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業」*2 の結果を基に、 天理市により事業化されたものです。

多くの高齢者が悩みを抱える「睡眠」に着目したサービスで、 地域住民が日常的な生活行動をしながら計測できる睡眠センサーを活用。 さらに睡眠の計測だけでなく、 専門家による改善アドバイスまでを提供することで行動変容を促し、 健康維持・改善、 疾病の予防へ繋げます。

アドバイスを実施している様子(令和3年の実証時)
  • 「ねむりの見守り」サービス概要

「ねむりの見守り」を導入いただいた自治体様では、 最終的なサービス利用者となる地域住民の方に専用の睡眠センサーをお配りし睡眠データを取得いたします。 地域住民の方にご自身の睡眠状況を客観的に把握していただきつつ、 かつ得られたデータに基づいて、 専門家による睡眠改善に資する生活習慣の改善指導を行います。

【提供開始日】2022年5月1日
【サービスWebページ】 https://nemurinomimamori.nttparavita.com
【提供先】地域住民の健康維持・改善、 疾病の予防をしたい自治体様
【提供内容】
 ・導入自治体様における、 サービス利用お申込者様(以下、 「お申込者様」)募集サポート
 ・お申込者様へのご利用説明会実施
 ・お申込者様への睡眠センサーの貸与
 ・お申込者様への定期的な睡眠レポートの送付
 ・お申込者様への定期的な改善アドバイスの実施
 ・導入自治体様への結果レポート

貸し出しするセンサー「Active Sleep Analyzer」
提供するレポートサンプル
  • 「天理市睡眠サポートプログラム」実施概要

「ねむりの見守り」の導入第一弾となる「天理市睡眠サポートプログラム」は、 成果連動型民間委託契約方式(PFS:Pay For Success)を採用します。 睡眠センサーを活用し、 睡眠改善から住民の健康維持・改善をめざすPFS事業は、 日本初の事例です*3。 短期アウトカムとして、 睡眠改善への意識及び健康意識の向上につなげ、 睡眠時間や睡眠効率などの睡眠の質や主観的睡眠感の向上を図ります。 さらに中期アウトカムとして、 精神的・心理的健康を維持・改善し精神的心理的介護(うつ症状やうつ傾向)の予防に繋げます。
また、 生活習慣の改善指導による日中の活動量増加などから筋肉量の増加などの身体的介護予防も促し、 より包括的な介護予防を図ることをめざします。

申込み条件等の詳細は、 天理市Webサイト( https://www.city.tenri.nara.jp/info/9926.html )をご確認ください。

 

  • 令和3年度実証の成果

「天理市睡眠サポートプログラム」の事業化の基となった、 NTT西日本が採択された「令和3年度ヘルスケアサービス社会実装事業補助金 地域や職域の課題に応えるビジネスモデル確立に向けた実証事業」では、 39名を対象に ”睡眠スコア”、 ”睡眠時間”、 ”睡眠効率”、 ”中途覚醒”、 ”離床回数” の改善を評価しました。 結果、 概ね2/3程度の参加者に睡眠の改善が見られ、 特に ”睡眠時間” は33名に対して改善効果が見られました。

<実証参加者の声(一部抜粋)>
【自身の睡眠状態について】
・中途覚醒が多いのでビックリした(72歳男性)
・睡眠の状態が良くないことがよくわかった(78歳女性)
・思ったより良い結果だった(70歳女性)


【改善に向けた取り組みについて】
・自分で立てた目標なので守りやすい(72歳男性)
・自分のことなので頑張れる、 効果が出ると嬉しい(78歳女性)

【効果について】
・最近よく寝れるようになったと自覚している(73歳男性)
・朝目覚めた時にスッキリしていると感じる日が増えた(65歳男性)


【その他】
・主人の介護をしているのでまだまだ元気でいなければならない、 頑張りたい(80歳女性)
・若い人たちと話が出来るので楽しい(66歳女性)

  • 今後の展開

地域包括ケアシステムへの連携を模索することで、 睡眠習慣や生活習慣をきっかけとして高齢者の生活を早期にサポートできる地域の仕組みづくりをめざします。 また、 中長期的な健康への効果や、 医療費・介護費抑制効果の事例を積み重ねることで、 他自治体様への導入拡大にも力を入れていきます。

  • 本件に関するお問い合わせ先

NTT PARAVITA株式会社 担当:延原(のぶはら)
Email:contact@nttparavita.com
※メールのタイトルにて、 「ねむりの見守り」もしくは「天理市睡眠サポートプログラム」に関するご連絡である旨を明記ください。



※ニュースリリースに記載している情報は発表日時点のものです。 現時点では発表日時点での情報と異なる場合がありますので、 予めご了承いただくとともに、 ご注意をお願いいたします。



————————————
*1 この取組は、 本人や家族による健康状態のセルフチェックや健康の維持・改善に役立てるこ
とを目的としたものであり、 個人の行動の監視や医療的な行為を行うものではありません。

*2 令和3年度「ヘルスケアサービス社会実装事業」に係る補助事業者(執行団体)の公募に
ついて(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2021/k210209001.html

*3 専門家へのヒアリングおよび内閣府「成果連動型民間委託契約方式(PFS:Pay For 
Success)ポータルサイト」内のPFS事業事例集 https://www8.cao.go.jp/pfs/jirei.html を
用いた、 NTT PARAVITA調べ(2022年5月)