シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

「シニアライフ総研®特選ニュース」を更新しました


あなたは大丈夫?精度の高い認知機能検査で脳をチェックしてみませんか?【只今キャンペーン中】



株式会社ベスプラは、認知症リスクや脳年齢、各認知機能を測定できる精度の高い認知機能検査MoCA-Jサービスを開始し、リリース記念として1/31まで1回無料キャンペーンを実施致します。

■背景
自分も家族も、認知症かどうかの判断は難しく、その前段階である軽度認知障害(MCI)はさらに難しくなりますが、「MoCA(※1)」は近年開発された高精度の認知機能検査で、他の同類検査では捉えることができなかった軽度の認知機能障害を見つけることができ、「MoCA-J(※2)」はその日本語版です。
【※1:国際的に認知された認知機能検査 Montreal Cognitive Assessmentの略称】
【※2:東京都健康長寿医療センター研究所「作成:鈴木宏幸、監修:藤原佳典」】

■経緯
検査を受けてみたいという声が多いが、当検査は保険適用外のため費用の高さが課題となっておりました。(医療機関での相場約10,000円) そこで機械学習による画像解析処理と専門スタッフを仕組み化し採点コストを下げる事で相場の10分の1以下の価格で検査サービスを提供できるように致しました。

■狙い
・認知機能を計測して脳の健康状態を確認することで、本人や家族が安心して生活できる
・検査情報をデータ化し分析する事で、本人にとってより精度の高い認知症予防活動が行える
・データを蓄積する事で認知機能の推移予想における研究開発が行え、より高い予防へ繋がる

■ポイント
・インターネット環境があればPC/タブレット/スマホ等の端末からすぐ検査が可能「1回900円」
・脳の健康維持アプリと連動でき、毎月1回検査が受けられるプレミアムサービス「月額500円」
・1月31日まで、リリース記念キャンペーンとして、アプリと連動すると1回無料で検査ができる
・今後、採点を行う専門スタッフとして高齢者の雇用を積極的に行い、スタッフ教育にも注力する

■検査およびアプリ
・認知機能検査MoCA-Jサービス: https://goo.gl/ZfnUvb
・認知機能検査MoCA-Jプレミアムサービス:https://goo.gl/nmH5vF
・認知症予防に向けた脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」: https://www.braincure.jp
10,000円の認知機能検査が、たったの500円で受けられるサービス 10,000円の認知機能検査が、たったの500円で受けられるサービス 10,000円の認知機能検査が、たったの500円で受けられるサービス 10,000円の認知機能検査が、たったの500円で受けられるサービス

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員 CEO:中村邦晴、以下「住友商事」)は、医療・介護事業者への経営支援を行う株式会社地域ヘルスケア連携基盤(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武藤真祐・国沢勉、以下「地域ヘルスケア連携基盤」)の第三者割当増資を引き受け、出資をしました。



超高齢化が進み、介護・医療費が増加している日本において、社会保障費の抑制は喫緊の課題です。また、国民の約6割が施設療養よりも自宅療養を望んでいることから、高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を送れるよう支援する体制の確立が求められており、日本政府は、医療・介護・生活支援事業者などが連携してサービスを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。一方で、医療・介護関連事業者の多くは小規模かつ分散しているため、事業者間での連携強化が課題となっています。

地域ヘルスケア連携基盤は、投資ファンドのユニゾン・キャピタルが運営するユニゾン・キャピタル4号投資事業有限責任組合及びUnison Capital Partners IV(F), L.P.(4号ファンド)の出資等で2017年5月に設立した会社です。同社は、医療・介護事業者への出資・経営ノウハウ・経営人材の提供、医療・介護事業者間の連携体制の構築、先端技術・他産業事例等の導入を検討し、医療・介護事業者と共に、新たな「地域包括ケアモデル」の創出を目指して取り組んでおります。

住友商事は、地域ヘルスケア連携基盤への参画を通じ、地域包括ケアシステムにおける基盤構築と課題解決に寄与することで、在宅医療・介護の普及、利用促進に貢献します。また、調剤併設型ドラッグストアを展開するグループ会社の株式会社トモズ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:徳廣英之)や、2017年6月に出資した訪問看護事業者向け業務支援システム「iBow」(アイボウ)の開発・運営を行う株式会社eWeLL(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:中野剛人)などとも協業し、ヘルスケア・在宅関連ビジネスの拡大に取り組んでいきます。


<参考資料>
■株式会社地域ヘルスケア連携基盤 概要
会社名 : 株式会社地域ヘルスケア連携基盤
設立  : 2017年5月
所在地 : 東京都渋谷区
代表者 : 武藤真祐(医療法人社団鉄祐会理事長)・国沢勉
<武藤真祐略歴>:1996年東京大学医学部卒業。その後、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D.)、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(MBA)、INSEAD Executive MBA。 東大病院、三井記念病院、宮内庁での侍医を経てマッキンゼー・アンド・カンパニーに勤務。2010年、在宅医療を提供する「祐ホームクリニック」を設立。
東京医科歯科大学医学部臨床教授、厚生労働省情報政策参与、日本医療政策機構 理事。


■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地域と産業の発展への貢献」および「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」に資する事業です。

住友商事のマテリアリティ(重要課題)

東京城南地区で訪問看護シェアNo.1のソフィアメディ株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:水谷和美)は、2018年1月27日(土)に、在宅医療業界を牽引する有識者や実務者が集うシンポジウム『訪問看護ステーションの未来創り』を開催します。昨年度は『在宅医療・看護・介護ビジネス事業の将来展望を語る』と題して、400名以上に来場いただく大盛会となりました。今回は会場規模を500名に拡大、テーマは「訪問看護ステーション事業」に焦点を絞り、業界のトップランナー達がその視座から掘り下げた議論を交わします。来年度の介護保険改正と診療・介護報酬ダブル改定を機に、さらに重視される地域包括ケアシステム。その中核となる在宅医療の未来を創造するシンポジウムです。




東京城南地区で訪問看護シェアNo.1のソフィアメディ株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:水谷和美)は、2018年1月27日(土)に、在宅医療業界を牽引する有識者や実務者が集うシンポジウム『訪問看護ステーションの未来創り』を開催します。昨年度は『在宅医療・看護・介護ビジネス事業の将来展望を語る』と題して、400名以上に来場いただく大盛会となりました。今回は会場規模を500名に拡大、テーマは「訪問看護ステーション事業」に焦点を絞り、業界のトップランナー達がその視座から掘り下げた議論を交わします。来年度の介護保険改正と診療・介護報酬ダブル改定を機に、さらに重視される地域包括ケアシステム。その中核となる在宅医療の未来を創造するシンポジウムです。


シンポジウム「訪問看護ステーションの未来創り」

ソフィアメディセミナー特別企画シンポジウムvol.2「訪問看護ステーションの未来創り」
【概要】
日時:2018年1月27日(土)13:00~18:00

場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル)

<第一部>
◆基調講演1(13:05~14:15)
山崎 摩耶(旭川大学特任教授、元衆議院議員)
『訪問看護ステーションの未来展望ー地域包括ケアシステムで変える日本の医療ー』
◆基調講演2(14:25~15:25)
佐藤 美穂子(公益財団法人日本訪問看護財団 常務理事)
『2025年までに15万人の訪問看護師を育てるために今なすべきこと(仮)』

<第二部>
◆訪問看護ステーション・未来創りセッション2018(15:50~18:00)
『訪問看護ステーション事業:現状の問題点の共有、そして10年先に通用する体制整備と変革視点とは!』
【討議テーマ】
1. 訪問看護ステーション運営、制度、地域連携等で、実感する現状の問題点は?
2. 人事・教育・研修・統括・渉外・営業・会計等経営合理化への取り組みは如何に?また、経営を進めていく上での安定と成長方策、手の打ち方は?
3. 2025年以降も意識した訪問看護ステーション機能、展開、事業構造モデルとは?
4. 医療⇔看護⇔介護⇔施設等複合経営を展開していく具体的事業構造とメリットは?

ファシリテーター:
糠谷 和弘(株式会社スターコンサルティンググループ 代表取締役)
登壇者:
佐藤 美穂子(公益財団法人日本訪問看護財団 常務理事)
吉田 豊美(エムスリーナースサポート株式会社 代表取締役)
吉田 秀樹(株式会社N・フィールド 常務取締役)
大石 佳能子(株式会社メディヴァ 代表取締役)
高丸 慶(株式会社ホスピタリティ・ワン 代表取締役)
高橋 英太郎(Buurtzorg services japan株式会社 代表取締役)
信田 明(ソフィアメディ株式会社 専務取締役)

主催:
一般社団法人訪問看護エデュケーションパーラー
ソフィアメディ株式会社
医療法人社団ホームアレー

後援:
在宅医療政治連盟
株式会社高齢者住宅新聞社
公益社団法人かながわ福祉サービス振興会
医療法人社団悠翔会
医療法人社団富家会
医療法人社団清慈会
一般財団法人オレンジクロス
三菱商事株式会社
帝人ファーマ株式会社
株式会社日本ケアサプライ
株式会社ライフタイムメディ
株式会社トータルライフケア

参加費:

一般販売 4,000円 (前売りWEB申込)
ソフィアメディセミナー会員 2,000円 (前売りWEB申込)
※当日は上記に+500円となります

申込方法:
Webサイト「訪問看護エデュケーションパーラー」(http://www.hokan-e-parlor.com/ )のシンポジウム申込みフォームより申込


シンポジウム「訪問看護ステーションの未来創り」 病院から在宅診療への移行が加速するなか、現在全国で1万ヵ所に迫る訪問看護ステーションが運営されていますが、人材不足や経営不振で存続困難な事業所も多く、2025年やその先へ向けて国の医療の受け皿として訪問看護ステーションの比重を高めるには多くの課題があります。
今回のシンポジウムでは、講演・セッションを通じて
●業界をとりまく社会環境・情勢
●訪問看護ステーションの経営基盤を強化するための事業・経営戦略
●人材確保と人材育成のための人事・教育戦略
などの具体策を提供します。
ソフィアメディでは業界全体のレベルアップを目指し、各分野の著名な講師陣を招き、広く一般に向けて「ソフィアメディセミナー」を継続的に開催しており、今回のシンポジウムはその特別企画となります。
特に経営者や管理職の方にとっては、今後の経営方針や計画立案に活かしていただける内容となっています。
ソフィアメディは、皆様が安心してサービスを受けることのできる環境づくりにつながるこれらの取り組みを、今後も継続してまいります。

▼こちらから昨年度シンポジウムのダイジェスト動画をご覧いただけます。


2017年1月21日開催、ソフィアメディセミナー特別企画シンポジウム
「在宅医療・看護・介護ビジネス事業の将来展望を語る」


【ソフィアメディ株式会社について】
社名:ソフィアメディ株式会社

所在地:東京都目黒区鷹番1-9-21
代表取締役:水谷 和美
設立:平成14年8月
URL:http://www.sophiamedi.co.jp/
在宅医療サービスに特化し、東京都・神奈川県を中心に事業所を50ヵ所展開しています。訪問看護事業では、城南4区(目黒区、品川区、世田谷区、大田区)、渋谷区、港区、川崎(元住吉・溝口)にて、30ヵ所の訪問看護ステーション、2ヵ所の在宅療養支援診療所(訪問診療クリニック)などを展開し、ステーション数、患者数、専門職スタッフ数において都内最大規模であり、今年創業15周年を迎えました。

【業界全体のレベルアップが私たちの使命です】
ソフィアメディでは、訪問看護人材の技術と知識、対応力の向上による業界全体のレベルアップを目指し、高品質で実践的な教育・研修情報を発信するWebサイト『訪問看護エデュケーションパーラー』(http://www.hokan-e-parlor.com/ )を運営しています。また、各分野の著名な講師陣を招いて開催する「ソフィアメディセミナー」は、在宅医療や訪問看護に特化した内容をテーマに、社外の医療職の方々の参加も促進しています。皆様が安心してサービスを受けることのできる環境づくりにつながるこれらの取り組みを、今後も継続してまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
ソフィアメディ株式会社 担当:山本・影山
TEL:03-5768-2853
FAX:03-5768-2864
MAIL:info@sophiamedi.co.jp自己破産をする高齢者が増えているという記事を目にしました。

2016年の自己破産の申し立てが6万4000件を超え、13年ぶりに増加に転じた。かつて、多重債務は無計画な若い世代の問題とされていたが、最近では働き盛りの中年や退職したシニアが、カードローンなどをきっかけに自己破産に陥るケースが目立つといいます。
これまでは、30代~40代など、クレジットカードの返済などに困り、自己破産するケースが多かったところが、最近は高齢者の自己破産も増えてきたという内容です。

 退職・失業、そして、年金生活、病気などをきっかけにそのような問題が顕在化するとありました。

住宅ローンや、カードローンも毎月収入があれば、返済できていたものが、何らかの事情が起こり、収入が減ったり、なくなったりで、返済できなくなり、借金が増える。そして、返せなくなり、「自己破産」というケースです。
 
契約当事者が70歳以上の消費相談件数がこちらです。


(図1-2-6-8)

資料:独立行政法人国民生活センターホームページ「高齢者の消費者被害」(平成28年9月末日までの登録分)より内閣府作成



ここ数年は減少していますが10年前と比べると増えている状況です。

過去の住宅ローンを老後に引きずって高齢になって自己破産する、というのは経済的なことはもちろん、精神的には非常につらいと思います。

老後を見据えて無理なローンを組まない、収入に見合った生活水準にすることが重要だと感じました。

自己破産するシニアが増えている意外な原因」