シニアマーケティングポータルサイト|シニアライフ総研®

2015.7.23  2060年には2.5人に1人が65歳以上!

これまで、各企業の割引対象年齢から「シニア」「シルバー」の定義を見てきましたが、数回にわたり、シニアマーケットに纏わるデータをご紹介いたします。

もちろん、既にご存じの内容かと思いますが、様々な定義やデータを整理してご紹介させていただきます。

今回のテーマは「高齢化率」について。

以前にご紹介しましたが、世界保健機構(WHO)の定義では65歳以上を「高齢者」としています。

また、高齢化率によって下記のように定義されています。

 

<高齢化率によって定義される“社会”>

  • 高齢化率が7%を超えた社会・・・「高齢化社会」
  • 高齢化率が14%を超えた社会・・・「高齢社会」
  • 高齢化率が21%を超えた社会・・・「超高齢社会」

現在の日本は「超高齢社会」と言われていますが、日本はいつ、それぞれの”社会”に分類されたのでしょうか。

 

<日本が分類された年>

  • 「高齢化社会」・・・1970年
  • 「高齢社会」・・・1994年
  • 「超高齢社会」・・・2007年

 

それでは、今後高齢化率はどのように推移していくのでしょうか。

2060年には何と約40%!これから45年後なのでかなり先の話ではありますが、2.5人に1人が65歳以上になる世界は想像できないですよね。

更に、シニアマーケットをセグメントする際にも、高齢化を語る上でも重要なキーワードとなる「団塊世代」。この「団塊世代」の定義は皆さんご存知ですか?

第一次ベビーブーム世代とも言われていますが、厚生労働省によると、

「1947年(昭和22年)~1949(昭和24年)生まれ)」

とされています。年齢にすると、2015年現在「66歳~68歳」の方たちです。この団塊世代人口が非常に多く、高齢化率上昇に拍車をかける要素となっています。

近年、多くの企業がシニアマーケットに参入していますが、これらのデータから、シニアマーケットがいかに大きいマーケットであるかが改めて分かりますね。

梅雨も本格化し最近は雨ばかりですね。気温の変化も激しいですが、お体はいかがでしょうか。

さて、ご存知の方も多いかとは思いますが、本日7月7日は「七夕」ですが、本日を「盆入り」とする地方もあるようです。7月7日に盆入りすることを東北地方・中国地方では「ナヌカビ」、近畿地方では「ナヌカボン」と呼ぶそうです。

「盆入り」、実は一部地域では、子供にとっても楽しい行事になりつつあるのです。

それは・・・お年玉ならぬ「お盆玉」という行事があるからです。

この「お盆玉」という言葉は、ポチ袋を販売する、株式会社マルアイの戦略として打ち出されたもの。株式会社マルアイは、お盆時期に祖父母から帰省した子供や孫にお小遣いをあげる風習を広げようと、「お盆玉」という言葉を商標登録し、世に発信したそうです。

内閣府調査の『高齢者の経済生活に関する意識調査(平成23年)』によると、60歳以上の男女2,095人への調査で「優先的にお金を使いたいと考えているものは何か(3つまでの複数回答)」と質問に対して、33.4%が「子供や孫のための支出」という結果になっています。

(1位は健康維持・医療介護42.8%、2位は旅行38.2%)

シニアマーケティングにおいて、「孫」は切っても切り離せないキーワードになりつつありますね!